[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続いてきた道、続いていくはずの、道

「人は生きていると、前へ前へという気持ばかり急いて、どんどん大切なものを置き去りにしていくものでしょう。本当に正しいことというのは、一番初めの場所にあるのかもしれませんね」
――夏川草介「神様のカルテ」より 


 2016年、2月も下旬に差しかかろう、ある日。
 その丘から見渡せる海は、とても穏やかな表情に見えた。まだまだ厳冬の寒が沁みる頃とはいえ、昼下がりの日差しは幾分柔らかで、どこか“遠い春の気配”を伴うような気がしないでもない。
 少なくとも、その穏やかな波音からは、昔日の――もう、遠い日の事の様に感じてしまう――震災の事など、想像もつかないだろう。


 宮城県名取市閖上。

 地震が発生したのは14時46分、それから1時間近くが経過したその時、僕はまさに、閖上交差点の大渋滞に巻き込まれていた。
 通称、「閖上五差路」と呼ばれる、宮城県道10号線に交わるその交差点は、各方面から流入してくる交通と、震災による停電で交通麻痺の状態に陥っていた。
 地震発生時は仙台空港の海手側に居たところ、渋滞に揉まれながら何とかここまでやって来たものの、やがて全くという程身動きが取れなくなってしまった。
 石のようにだんまりを決め込んでしまったかのような目の前の車列。
 ラジオは「10mの津波が来ます!」と絶叫するが。
 果たしてどこまで逃げれば安全圏…なのだろう。

 予感。という程のものでもなかったけれど。
 果たしてこの場に留まっていていいものなのか。
 手をこまねいて災厄を待っているのではないか。
 もっと、逃げなきゃいけないんじゃないか…そんな、漠とした、予感。



 宮城県名取市閖上。
 この地で、津波によって1,000名以上の尊い命が奪われた。
 閖上地区の津波到達時刻は、15時50分頃であったと言われている。
 あと少し、判断を先延ばしにしていたら…


 震災直後の事は、いまでもよく覚えている。
 閖上の大渋滞に嵌っていた時に眺めていた、ゆっくりとした(記憶では、そんな印象がある)避難をしていた人たち。あの人たちは、無事に逃げ遂せたのだろうか。それとも…

 災害とは、時に無情なものだ。
 人の意思なんてお構いなしに、ある日突然やってくる。
 だから、災厄というのだろうけれども。

 震災の後、酷い光景、目を覆いたくなるような凄惨な現実、そこに交わる人間の狡猾さ、打算の見え隠れした善意…そんなものは掃いて捨てる程見掛けてきた。でも、それすらも、生きるための、生きていく為の、避けて通れぬ道なのかもしれぬ。



 閖上の集落があったところに、日和山という小高い丘がある。
 丘…と呼べるほどのものでもないけれど、周辺に目立った起伏もない平坦な地である。ここに登って景色を見渡すと、未だにあの日の事をまざまざと鮮明に思い出すのである。
 僕に出来ることなど限られているけれど。
 忘れ去られていく過去を、猛省をもって伝えていくことくらいしかできないかもしれないけれど。


 時おり、なぜ今の人生にしがみ付いているのか、漠とした疑念に駆られることがある。
 果たして、いま歩んでいる道は正しい道なのか。
 もっと他に、進むべき道があるんじゃないか。
 生きていれば、吐き気がする程嫌気の差すような出来事にも出くわすこともある。
 今よりもっと輝かしい、眩いくらいにさんざめく、そんな人生の選択肢があるんではないのか。
 もちろん、理性は分かっている…そんな幻想など、何処にもありはしないと。
 夢と現の区別もつかない、愚にもつかぬ愚かな迷いだと。

 忘れたい過去だってたくさんある。
 やり直したいあの日のあの瞬間など、星の数ほどあろう。
 けど、やり直しの利かない人生だからこそ。
 迷いばかりの岐路の連続だからこそ。
 生きていて良かったと思える、その瞬間もどこかにあるのだから。
 だから、

 あの日の記憶は、永遠に留めながら。
 「あの日死んでいたかもしれない」後ろ向きな考えは棄てて
 「あの日生き延びたからこそ」前向きに
 今日という日を、明日という道を、進んでいきたいと思うのです。



 5年という歳月は長いようでいて、残酷なくらい瞬く間に過ぎ去る。
 いずれ、あの災厄を知らない世代が街に溢れかえっていくことだろう。
 それは、残酷なことかもしれないけれど、希望を胸に刻んだ、真に輝かしい未来の姿なのだろう。

03789.jpg


 震災で被害に遭われた方へ、改めてご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

TOMIX小田急4000形 工作簿

03777.jpg
 去年の暮れからちまちまと工作してた、小田急4000形が完成しましたんで、簡単にプレビュー的なものを…。
 ホントは1月中にサクッと上げるつもりだったんですが、気付いたら余裕で2月突入してるっていう…寒過ぎて作業する気が起きないんじゃい

03778.jpg
 車体の造形などは無難にまとめられていて、特段の問題も感じませんでしたので基本的には製品そのままで。
 床下機器が流用…というか、良く分からない“JR東日本的折衷造形”になっていたり、一部気に入らない部分もあったけど、その辺気にし始めると「いつもの泥沼」になるので、今回はスッパリ潔く無視することにしましたヽ(*´∀`)ノ

03779.jpg
 客窓は熱線吸収ガラスで割と濃いグリーンスモークになっているのですが、付属のガラスパーツは色味が薄すぎる…ってことで、今回は「IROMIZU」なるカッティングシートを使ってみることに。
 実は初めて使ってみたんだけど…貼り付け後の透明感は特に違和感もなく、作業は些か煩雑ではあるものの、なにより「均質な色味を得られる」というのがいいですね、コレ。今までクリアー塗料調色で頑張ったりしてたけど、今後の表現素材として活躍してくれそう。

03780.jpg
 その他、客扉窓にはドア広告、優先席区画の表示、女性専用車表示…と、市販のレタリング類をフル活用してなるべく華やかな印象に。ドア広告と車体はGDIから、それ以外はくろま屋のものを…こーいうのが手軽に表現できるのは便利でいいですね。
 しかし、この手の作業を10両はしんどい…

03781.jpg
 こんな感じで。ドア広告はもうちょい上の位置でもよかった?
 ドアコック部分の「▼表示」は、手持ちの古いインレタを入れときました。アクセントになるのでオヌヌメ。

03782.jpg
 床下回りは特段の加工もしてないですが、運転台下回りだけはスッカスカの感があったので、乗務員ステップやらよく分からない機器箱を追加して、それなりにシルエットを重たくする方向で。スカートは縁にナイフを入れて、極力薄く見える様にしてます。あと、運転台下だけクレーンフックを付けてます。中間連結面は目立たないからいいかなー、と…。
 乗務員ステップはKATO京急2100形のAssyから拝借してますが、取付方法が妙案思い浮かばず、仮付け状態…両側ボディに接着しちゃうと、厚みで床板の脱着が出来なくなっちゃうんですよね…。

03783.jpg
 床下は呉306番グレーを吹いてから、ウッドブラウン・赤茶・ダークグレーを適当に混ぜたものを薄吹きしてウェザリング。ただ、それだけではちょっとメリハリに乏しかったので、ウェザリングカラーのグランドブラウンあたりでウォッシング掛けてます。程良く落ち着いたと思うんですが…如何ざんしょ?
 ハシゴは銀とグレーを適当に混色したものを吹き付け。車軸もちゃんと塗装しましたよ…プレート面が目立つから、ここまでやらないと逆に目立っちゃいますんで。

03784.jpg
 動力車の床下カバーは、機器のないところをマットブラックで潰しときます。マスキングだるかった…

03785.jpg
 パンタ周りは黒系茶系を吹き付けで汚れ表現。やり過ぎたのでグレーをのっけて、ホワイトグレー・ブラック系でウォッシングを掛けて落ち着かせました。拭き取りの際、ウェザリングカラーの溶剤に負けるのか?地色が若干剥がれたけど、逆にモールドにメリハリ付いて見えるようになったから、まぁいっか。

03786.jpg
 クレオスのウェザリングカラー、表現の幅が拡がって本当によいマテリアルだと思います。

03787.jpg
 内装は明茶系を吹いて、座席などはエナメル塗料を筆塗りで。ちょっとトーンが暗かった…車体被せるとまったく目立たないのが何かアレ。室内等でも入れましょうかねぇ…

03788.jpg
 という訳で、今回の小田急4000形は「比較的サクッと」を目標に仕上げてみました。結論から言うと「云う程軽くない」んですが…(´・ω・)
 次は本命? 1000形に手をつけて行きたいな~とも思う訳ですが、ここのところの寒さが身に染みるもので(ぉぃ)、ちょっと別のネタを挟むかも…。

2016年の抱負というか自らへの圧力というか

 自戒と言いますかなんと言いますか。

03767.jpg
 去年完成させた模型…って、振り返ってみると本当にこれくらいしかないんですよね。
 HK100形は鉄コレお気軽加工。ウェザリングのっけて、どこまでオモチャっぽさを消せるか…という思惑で手掛けたもの。
 京急新1000形1057編成は「幸せの黄色い電車」と称して、西武っぽいカラーをまとった現行編成を作ったもの。コイツは床下を徹底的に作り込んだり、時間と手間暇を注力しただけあって、まぁまぁの出来にはなったと思いますが…。

 しかし、お気軽加工含めて10両しか完成してないってのはちょっとさびしいですね。
 という訳で、自戒を込めて…本年頑張りたいネタを幾つか。

03768.jpg
 とりあえず目下加工中、TOMIXより発売された小田急4000形。
 軽加工で纏めるつもりではいるけど…“すっぴん”よりカッコよくなるよう、いろいろ頑張ってみたい次第。上回りは目途が付いたので、あとは床下…。

03769.jpg
 最近ちょくちょく聞かれるんですが、ウェザリングの技法とか記事に起こしたら需要あるんですかね?
 大半の技法は先駆者の受け売りみたいなものなので、余り目新しい技術を使うでも無いのですが…。ただ、最近はこの手のいろんなマテリアルが充実しているんで、その辺も絡めていろいろ書いてみたい気はする。時間ください

03770.jpg
 別に、小田急にお熱…という訳でもないのだけど、最近いろいろと製品が出てきて熱いのは事実なので、いろいろ作ってみたいなーというのはある。
 小田急1000形はいろいろ思い入れもあるので、1本くらい徹底的に作り込んでみたいのですけどね。

03775.jpg
 小田急1000形といえば、ここまで作っといて放置している、未塗装キットの仕掛品もあったり…。
 完成品には見劣りしてしまうだろうけど、ここまで作ったんだから完成まで持っていきたい。幸い、車番のレタリングの問題が解決したことだし…

03771.jpg
 京急…沿線を離れて7年経つけど未だ熱はさめやらず。
 とりあえず、新1000形は3次車以降がまだまだ控えてるんで、牛歩でもいいから各種バリエーションを拵えてみたいと思います。4連が不足しているから、そっちのほうが急務かな…。
 銀色の子はとりあえず、1325編成のノルエコラッピングを作りたいなーと。銀色電車も実車は拡充しまくっているので、模型でももう何本か欲しいと思うものの…手が回らないのが現実。
 あとは、最近発売になったKATOの2100形…眺めてるだけでも楽しいですね、これ。

03772.jpg
 フロントマスクの造形もさることながら、この床下の情報量もなかなかに楽しい。
 非常に良い出来なので、そのまま愛でて置いておくのもよさそうだけど、青いのに塗り替えてみようかなーとか、これをベースに徹底的に作り込んでみたいなーとか思ったり…w

03776.jpg
 放置の続く205系横浜線色。実車引退と聞いて、手元にカッコイイ模型を残しておきたい、と思いつつヘビーな加工に音を上げたり…

03774.jpg
 仙台来て7年も経つんだし、少しは地元ネタもやってみたいなーとか思ってたり…

 他にも、 積んでるネタを挙げていけば指折り数える暇も無いような状態ですが、正直最近の多忙を考えるに、余り手広くネタをチョイスしていくのも現実的でないのかなー、とも思ったり…。
 模型だけ作っていられれば幸せなのだろうけど、あっちこっち行きたいところもあるし、他にもやりたいことが押してるし…正直、時間の使い方と物事の取捨選択ということを、そろそろ考えていかねばならないのかなーとも痛感する次第です。
 ま、趣味なんだし、肩肘張らず、息抜き程度に楽しんでいければいいのかな、とも思いますが…。

 今年は少し、腰を据えて模型作りたいなーと思う所存。
 ただ、そろそろ転勤の辞令渡されてもおかしくない頃合いで…来年の今頃、仙台に居なかったりしてw

続いていくはずだった、その途を

 「おれたちはロマンチストじゃないんだからな。名誉とは、自分自身に誠実であることとは違う。おまえは、いったい、なにものだ?――人間が変わったとか言ったな。つまり、おとといのおまえは別の人間だった。一週間後には、また別の人間になるかもしれない。どの自分に誠実でありたいというんだ? ひとつひとつ順番にか? そうは行かないぞ。いいか、誠実さというものは、おれたちを超絶したところにあるんだ。長年にわたっておれたちの仲間の一人だったし、今後もそうだということを、おまえは忘れてる。まさにそこが問題なんだ。仲間の連帯に誠実であってはじめて、おまえ自身に誠実だと言えるんだ。これが名誉というものだ。わかったな? おまえが変わろうが、変わるまいが、そんなこと、誰も問題にしやしない」
アンジェイェフスキ 「灰とダイヤモンド」より 


 皆々様、年明けていかがお過ごしでしょうか。昨年祖母が逝去しましたため、新年の挨拶は控えさせていただきます。


 昨年は、身近なところでの不幸話が多く、いろいろ考えさせられるものがあった。
 積年勤めてきた今の職を、家庭の事情とはいえ離れざるを得ない後輩もいた。
 訃報によって、現在のひととなりを知ることとなった古い友人もいた。

 そうか、死んでしまう――この世の中から居なくなってしまうこととは、こんなにもあっけなく、切ないものと只々茫然とするばかりだ。「生きているという実感」なぞ、滅多なことではわざわざ意識しないものだけど、人の死に目――それも、自ら命を絶ってしまったとも聞くと、嫌が応にも意識せざるを得ないのやも知れない。

 そもそも、生きるとはどういうことなのだろう?
 毎日がむしゃらに働いて、遅い時間に寒い自宅へかえって、寝て、また次の日の繰り返し。
 そんな日々を受動的に生きていくと、ふと、立ち止まって「自分は一体何をしているのだろう?」と思うことがある。
 無論、日々の糧としてしがない賃金を得る為に、というのもあるし、
 或いは、たまのモラトリアムを謳歌するための息継ぎとも捉えられようし、
 はたまた、日々の惰性に身を委ねる事こそ真なる快楽なのやも知れない。


 でも、時間は残酷なのだ。

 恒久的に続くような気がしていた日常は、ある日突然終わるかもしれないし、
 安定と感じていた昨日は、明日への破滅へと繋がっているかもしれないし、
 漠然とした不安が、いつか芽吹き己を滅ぼすかもしれない。

 永久に続くものなんてない。
 人は何時か、若さを蝕まれ、老いに苦しみ、やがて嫌が応にも死と向き合わねばならない。
 1日のスパンで考えたら何でもないことが、1年365日のスパンで眺めたら重大な意味を持ってくる事例なぞ、掃いて棄てる程存在しよう。

 震災で、永遠に続くと錯覚した日常が、音を立てて崩れていくのを目の当たりにしたのに、
 愚かな人間はもう忘れたがる。
 否、忘れる事こそ「明日を生きる為のカンフル剤」か。
 覚えていることが、すべての正義じゃないのかもしれないけれど。


 なぜ彼は、35年という短い人生で終わりを楔打ってしまったのか。
 個人のしがらみまで伺い知りようもないし、他人の人生に口出しするほど大それた生き方もしてないけれど。
 でも、
 そんなに生き急がなくてもよかったんじゃないのかな、と思うのです。


 遠くない将来、恐らく人生を左右する決断を下さなきゃいけない日が来ることは、どこかで気付いている。
 先延ばしにすることは、簡単だ。
 時間に解決を頼るのも、容易い。
 それで得られるものはなんだろう?
 糧を求めて生きる訳ではないけれど。
 一つくらい、己の意志を貫いて、「そうか、これが自分の通した大義なのだ」と思えることがあってもいいじゃないですか。

 いい加減、身の振り方も覚えていかないとね。
 それが恐らく、たった一つの報いる途なのだろうから。

※※

 本年も皆々様にとって、良き一年でありますように。

03773.jpg

アオシマのでっかいDD51悶絶工作録(その2)

03755.jpg
 でっかいDD51、エンジンの続き。
 別段難しいことはせず、基本的に取説の手順に則って組んでいきまっす。ただ、取説の順序で組んでいくと塗装に難儀するので、何処まで組んで、どの辺で塗装したほうがいいのか…擦り合わせやら仮組みしてある程度形にしてから纏めて塗った方が効率はいいかと。

03756.jpg
 過給機(ターボチャージャー、エンジン両側に付いてるカタツムリみたいな形のヤツ)に繋がるダクトは、実物だと断熱材が巻かれている個体が多いそうなので、細切りマスキングテープをぐるぐる巻きにしてそれっぽく。ある程度適当でモウマンタイ。マスキングテープは当然ながら粘着力は弱いので、瞬着を適宜塗って剥がれ防止にしてます。

03757.jpg
 ヘッドカバーのパーツはとんでもないところにパーティングラインが入ってて、処理に地獄を見ます。地道にやるしかないっすわ…この辺このキットの鬼門なのかなーと。

03758.jpg
 ヘッドカバーは先に排気管のガンメタルを塗ってから、マスキングゾルでマスクし…

03759.jpg
エンジン色の淡緑色を吹いてます。たぶん、これが比較的マスキングが楽な方法かなーと…細かいところは目立たないから、ある程度アバウトでも大丈夫だと思います…よ?

03760.jpg
 インタークーラーのところは取説の指示が間違ってるんでご注意を。M22とM61が逆です。図はあってるんで、照合ミスかと思うけど…この取説、この手のミスが今後も結構出てくるんで、必ず擦り合わせして部位の間違いがないか確認する癖を付けといたほうがいいと思います。

03761.jpg
 んで、あんまり途中経過を撮ってなかったけど…基本的に手順通り、エンジン完成。
 組んでみると分かりますが、インタークーラーから過給機へ繋がるダクトの取付位置が無茶苦茶シビアで、多分ビシッとキレイには付かないんじゃないかと。割と無理矢理に瞬着で固定したけど…ちょっと不満の残る仕上がり。

03762.jpg
 余談ですが、組み上げたエンジンを保持しておくM17は整備工場のエンジン仮置き台を模したような形状で、好みの色を塗ると良いと思います。
 今回はガイアの錆止め色で染めた上に、エンジンの淡緑色をふわっと吹いて、工場でよくある「一部色が染まった塗装架台」風味にしてみましたけど…如何でしょ?

03763.jpg
 ついでに液体変速機も。パーツ点数も少なく、構造的にも難しい部分は特にありません。

03764.jpg
 ただ、パーツ精度は群を抜いて低いので、どうしても結構な段差ができるっていう…余力があれば埋めたほうが、模型作品としてはいいのかなと…もっとも、組み込んでしまうとまったくという程目立たない部位なので、あんまり神経質にならなくてもいいかもしれませんw

03765.jpg
 塗装はエンジンと同色に染めます。
 結構入り組んでるんで、ある程度組んだところで塗装→残りパーツ組みつけがストレスなく塗装できるかと。

03766.jpg
 液体変速機完成。
 そういえば、軽くウェザリングは入れようかと思ってるんですが、最後にウェザリングカラーあたりをうまく使えばいいのかな…と思ってるんで、この段階では特に何もしてません。
 普段作ってるNサイズとは勝手が違うので、どうしようか考え中ですが…。

 次回は台車の工作に入りまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。