[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » “空港ラッピングな”新1000形青の子苦行(その2)
  4.  » 四方山話
  5.  » “空港ラッピングな”新1000形青の子苦行(その2)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“空港ラッピングな”新1000形青の子苦行(その2)

 エーと。

 前回記事から時の経ること1年と約4ヶ月、もう「放置」なんて軽いコトバで済ましちゃいけないですね…。えぇ、方向性は見出せたのにいろいろ些事にかまけて全然進んでいない、京急新1000形飛行機ラッピングの子、満を持して(?)作業再開。

02487.jpg
 まずは車体を青く染めないとならない訳ですが、ベースの色を剥がすのがまんどくさい…ので、そのまま下地色を兼ねて白く染めてしまい、その上に車体色を吹いてしまおうという横着魂胆。
 あ、でも単に面倒がって…て訳でもなくて、白太帯の塗り分け線を生かしたかったから、って下心もあったり。実車も通常塗装の上からラッピングフィルム貼りつけている故、塗り分け線は結構くっきりと浮かび上がってたんですよね。
 赤い車体に白を吹いてもなかなか発色しませんので、ベースホワイト→GM白3号の順に吹き重ねておきます。厚塗りにならない様、薄い塗膜を心掛けて。ぼってりした仕上がりじゃ残念だし。

02488.jpg
 続いて、車体全体にスカイブルーを吹き付け。クレオスの34番をそのまま使うが、フラットベース(なめらか)を適量添加して、半ツヤに抑えておきます。

02489.jpg
 んで、車体上部にインディブルーをぼかすように吹きつけ。車体下部に下がるほど、青の色合いが薄くなるよう…グラデーション掛けるように、また幅が極力均一になるよう、ブラシの移動速度を一定に保ちながら吹きぬける感じで。

02490.jpg
 んでまあ、こんな感じに。
 スカイブルーは実車だともうちょい、気持ち深めの色という感じがしないでもないですが、Nスケールだったらこれくらい明るいほうがいいのかな。

02491.jpg
 先頭車両のワイパーカバー塗り分けは、元の塗装をそのまま生かしました。
 若干吹きこみが出来ちゃったけど、まあ修正して許容出来る範疇かな。

02492.jpg
 懸案だった塗装については、まぁそつなく仕上げられたんじゃないかなーと。この後は地獄の作業量となるデカール貼り、あとは床回りの加工なんかが待ってますが…さてはて、どうなることやら。

 …実は7月に某所で運転会やることになって、その時までに持っていく…という要らぬ確約をしてしまったもので、さてどうなることやら。ま、まだ時間はあるけど、うかうかしてると間に合わなくなるので頑張ります…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/228-7a047b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。