FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » シェーバー不具合一件
  4.  » 四方山話
  5.  » シェーバー不具合一件

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェーバー不具合一件

 えーと、普段より愛用しているシェーバーが充電しなくなりまして。
 予備のミニバリカン(むかし、100均!で売っていたシロモノ)を流用して糊口を凌いでいるここ数日でしたが…さすがに、これはちょっとしんどい、と思い週末にパーツ屋さんへ駆け込む。この手のシェーバーなんかに使われている、ニッケルカドミウムの充電池などは、その辺の電気屋さんなんかでは扱っていないので、お店探しがまず一苦労です。

02582.jpg
 仙台界隈でこの手のモノを扱っているところ…。電子部品なんかを扱っているパーツ屋では割と高確率で並んでいるのですが、秋葉原じゃあるまいし、そこいらにホイホイと店がある訳ではない。
 で、調べてみると仙台中心街にほど近い、上杉の辺りに「マルスパーツ館 仙台上杉店」という、電子部品屋さんがあるっぽい。
 週末に時間を見つけて訪問し、物色…無いなー、と思って店員さんに聞いてみたら、レジの目の前に置いてありましたと(笑) 果たして、換えの電池は無事確保。しかし、こういう部品屋さんで抵抗やらプリント基板やらを眺めていると、そろそろ電子工作にも手を出してみたい衝動に駆られて…知識が無いので、なかなか敷居も高いんですが。

02583.jpg
 んでまあ、コイツの電池交換をば。
 ドイツの誇る?ブラウン製のシェーバーBS 5774で、剃り心地が非常にフィットして高感度なので、メッシュと刃だけは交換しつつも、もう7年くらい使い続けております。ここまで不具合らしき不具合が無かったのもありますが。

02584.jpg
 底面に隠れているビスを外してカバーを取り外し。ネジ頭が六角形の特殊になっているけど、マイナスドライバーでもオッケー。

02585.jpg
 粘着テープで強固に固定されている電池を取り外し。ドライバーでねじ込むようにして剥がさないと、なかなか外れないかも。

02586.jpg
 で、新品のニッカド電池に交換。そのままだと取れるので強粘性の両面テープで固着しておきます。あ、あとニッカド電池はダボ付きのものを選びましょう。そのままだと接触しないので泣きをみますよん。

 で、電源を入れたら…作動。安心するのも束の間、充電ケーブル接続して充電を掛けるも…充電ランプが付かない。さいですか…何となく嫌な予感はしたけど、どうも電池交換じゃダメだったみたいです。この事から導かれる結論としては、

▼本体側、充電回路に何らかの不具合が生じている、若しくは損傷している?
▼充電ケーブル側の不具合を疑る。断線している?
▼交換したニッカド電池が紛い物だったか、規格が間違っている。


 一番下は交換したら作動はしたので、電池がダメって事ではないのかなーと。上二つが非常に疑わしいところですが、こうなると僕のスキルではもうお手上げです…うーん、悔しいけど入院させて修理依頼するしかないな。
 ただ、電池交換の手順自体は間違いじゃないと思うんで、まあ、ちょっと安くはない授業料を払ったと思えば…やっぱり悔しいなぁw
 今週末から海外旅行を挟むので、ちょっとやり繰りが面倒…しょうがないね。たまには鉄ヲタっぽくない、実用に応用出来そうな記事でございましあー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/235-bf832f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。