[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 京王調布地下千見物の録
  4.  » 鉄道実車観察簿
  5.  » 京王調布地下千見物の録

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京王調布地下千見物の録

02595.jpg
 8/19(日)、京王電鉄京王線・相模原線の調布付近連続立体交差(地下化)事業の工事進捗に伴い、地下新線への切り替えが行われ、その辺を見物してきましたんで簡単に。まず地下に潜った3駅の表情から。

■調布駅
02596.jpg
 一体ここはどこだ…ってくらい変わっちゃった(笑)、調布駅。2面4線の構内配線自体は踏襲しているが、京王線・相模原線の分岐が上下線で輻輳しない様、2層構造になったのが最大の特徴。

02597.jpg
 ホーム自体の幅も広くなり、とってもゆったりした駅に生まれ変わりました。

02598.jpg
 ホームドアも設置されたけど、暫くは稼働はしない模様。

02599.jpg
 駅構造としては、「地下1階が改札・コンコース」「地下2階が上り線1・2番線、八王子・橋本方面」「地下3階が下り線3・4番線、新宿方面」という配置。

02600.jpg
 旧・地上駅舎は地下化とともに使用停止。

02601.jpg
 昨日まで頻繁に列車が行き来していたホームには重機が鎮座…時の流れを感じるひとコマ?

02602.jpg
 ガラーンとした旧駅舎のコンコース。暫定的に南北連絡通路になっていたけど、既に線路を潰して南北自由通路が出来ていたので、まもなく使用停止になるかと思われる。

02603.jpg
 こんな感じで線路を潰して、早速連絡通路が設けられていました。この辺の工事の素早さは感服するほかない…。

02604.jpg
 「日本一忙しいシーサスクロス」と謳われたこの分岐器もお役御免に。一夜にして大変貌を遂げた光景は、何だかちょっと非現実的な情景ですらあったような気が…しない?

■布田駅
02605.jpg
 調布の新宿寄りのお隣、布田駅の状況。この駅も地下化されました…が、特筆すべきはフルスクリーンタイプの大型ホームドア。布田だけこのホームドア構造になったのは、噂によると通風の関係…とか聞いたけど、どうなんだろ。

02606.jpg
 暫くは仮駅舎状態で営業。地上整備はこれからですかね。

02607.jpg
 旧駅舎。まあ、この辺は全体的にスペースが取れないので、とりあえず線路が地下に潜ってから、地上の構造体に取り掛かる…ってことなんでしょね。

■国領駅
02608.jpg
 更に新宿寄りの国領駅。

02609.jpg
 駅西側では東京都道11号線が平面交差していましたが、これが所謂“開かずの踏切”で、渋滞の名所だったり。交通量の多い道路で、まともな迂回路もなかったことを考えると、これはこれで「悲願の地下化」なんでせうかね。

02610.jpg
 国領ホームは調布と同じ形態のホームドアを設置。ここも暫くは稼働しないみたいです。

02611.jpg
 オマケ:立体交差記念のHMを掲げた京王9030Fが走っていたっていう。

■切替工事に伴う臨時ダイヤ Tips
02612.jpg
 地下化に際しては、8/19早朝は京王線八幡山(つつじヶ丘)~府中(飛田給)間、相模原線では調布~京王稲田堤間が運休となり、バス代行が実施されていました。

02613.jpg
 ズラッと並ぶ八幡山行きは工事ダイヤならでは。どうでもいいけど、右側スクロールが「つつじヶ丘まで先の到着…」ってなってるけど、データが混同してるっぽい。
 早朝は7時台まで八幡山折り返し、8時以降・地下化運転開始までつつじヶ丘折り返しが見られました。

02614.jpg
 代行バスは各社応援で担当。京王線系統では西東京バスや…

02615.jpg
西武バス、他に関鉄バスや東急バスなんかも入っていたみたいです。

02616.jpg
 相模原線の代行バスは京王バスが応対していたようで。
 臨時停留所は駅前に設けられているところもあれば、ルートの都合上駅からちょっと外れた場所に設けられているところもあったりで、各所に案内員を配置して対応している感じでした。

02617.jpg
 相模原線は京王稲田堤~若葉台間、閉塞を殺して1運用限定、ピストン輸送を実施。稲田堤に折り返し設備が無い為に、上り列車は下り線を逆走しての運用でしたが、お陰で40分間隔でしか運行出来ないというマジック発動。

02618.jpg
 不慣れなせいもあってか?予定ダイヤ通り運行出来ず…ここが一番混乱してた気が。もういっその事若葉台~調布間で代行バス輸送にしちゃえばよかったのに…と思ったのは私だけじゃないハズ?
 部活の練習試合に向かうと思しき高校生集団?が、物凄く途方に暮れていたのがなんとも…。

02619.jpg
 オマケ:フラフラしてたら8564号車が来たwwww

02620.jpg
 高尾駅での土砂崩落で廃車が発生した8214FのTc穴埋め用に登場した異端児。6+4運用も現状分割運用が消滅している為、このような措置となったようで。

02621.jpg
 隣り合わせのクハ8764も車籍上は付随車扱いとなっているとはいえ…なんとも奇抜な光景ですね。

 以上、とてつもなく駆け足でしたがこんな具合で。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/237-21051cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。