[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 佐渡島に行ってみた(その3)
  4.  » 旅行録
  5.  » 佐渡島に行ってみた(その3)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡島に行ってみた(その3)

02691.jpg

         _,,..,,,,_ . _     ZZZz...
        ./ ,' 3 /   ヽ--、
        l   /        ヽ、
       /`'ー/_____/


 佐渡旅行2日目。朝からダラダラとスタートでござい。

02692.jpg
 まず、宿からほど近い佐渡金山を目指しま…すのはいいのだけど、ちょっとM先輩にハンドルを握ってもらったら、何と言いますか、「死のドライブ」みたいな行路に成り果てまして…僅か5kmほどの道程でございましたが、もう心臓ばくばくみたいな。

02693.jpg
 という訳で黄泉の国から帰ってきました佐渡金山史跡へやってきました。

02694.jpg
 史跡といってもまあ、単なる観光地化している感は否めませんが。

 いまいち反応の薄い集団でしたが…

02695.jpg
 バッテリーカーを見つけてしまって俄かにテンション↑

02696.jpg
 「へぇこれ自重○tなのか、結構速度出るもんなん?」
 「バッテリー何個入ってるの?回路どうなってるの?」
 「台枠が車体鋼体と一体だけど、車軸の取り外しってどうやるんだ?」

これだから鉄ヲタが集結すると(ry


02697.jpg
 バッテリーカー率いる構内トロッコは、平成の始めくらいまで現役で使用されていたみたいですね。

02698.jpg
 いろんな備品が展示されてて、実は金山の洞穴より面白かったり(ボソッ

02699.jpg
 バッテリーカーの源。

02700.jpg
 まーまー楽しめました。鉄分も程良く補充出来たので(

02701.jpg
 金山を後にして、ちょっと新潟r81佐渡縦断線を走りに行くことに。

02702.jpg
 9月も半ばというのに、真夏みたいな日より…。島内を縦横無尽する新潟交通佐渡のバスとすれ違いつつ。

02703.jpg
 ドンデン山を目指しましょ。

02704.jpg
 期待してたよりはへろへろの道だったので若干テンション↑

02705.jpg
 すれ違い不可…という程狭い訳では無かったけど、ひたすらにつづら折りの上りこう配で、運転している身としては楽しいです。はい。

02706.jpg
 只管登りつめていくとだんだん空が開けてくる。

02707.jpg
 ダラダラ上って山頂へ。どうでもいいけどなんで“ドンデン”なんだろう…。
 ドンデン山の由来…

02708.jpg

02709.jpg
 両津の街が良く見える。こう、高いところから見ると佐渡島の形が何となく浮かび上がってきますね。
 何とかとケムリは高いところがお好き

02710.jpg
 下り坂が妙に急でシュール。そういえば、この険道の入り口に「通行止」の看板があったけど、結局普通に通り抜け出来たな…結構対向車に出会ったので、多分通り抜けは出来るんだろうな~とは思ったけど。あの看板なんだったんだろう。

02711.jpg
 道端で平然と牛が寝そべっててワロチ
 ちょっと停まって写真撮影、ふと右を見ると…眼の前に牛が居てビビったり。

02712.jpg
 アスファルト舗装すらされていない残念な道。本線上に徐行の標識…。

02713.jpg
 両津の街に戻ってきました。ここからは佐渡島内唯一の国道、R350を経由しつつ小木を目指します。

02714.jpg
 両津から相川にかけての区間は、島内でも最も人口の集積している地域で、割と都会的な印象。一通りのモノは揃いそうな感じ。

02715.jpg
 で、その途中にある回転寿司に寄り、昼食タイム。有名店なのか?結構混んでたけど、なかなかネタが新鮮で美味かったです。
 回転寿司 弁慶

02716.jpg
 ついでにブックオフも訪問。地道に続けている「全国ブックオフ訪問」という超マイナー競技。最近集計取ってないな…。

02717.jpg
 腹を満たして佐渡南部へ。小木を目指す。

02718.jpg
 小木の港へ。両津と並ぶ、フェリーの入港してくる港ですが、直江津との航路の為もあってかさほどの活気はない。単に船の入出港時刻と外れているのもありますが…。

02719.jpg
 更にちょいと足を伸ばして、佐渡の最西端・沢崎鼻へ。

02720.jpg
 北の果てとは変わって、比較的穏やかな感じの風景ですが、これはこれでいいところですね。
 調子に乗って、訳の分からない言葉を大声で叫んでいたのは…あれ、この岬だったっけ。

02721.jpg
 あとは小木から両津へ向けて走るだけ…途中、赤泊の港に寄り道。

02722.jpg
 丁度寺泊行きの高速艇が出航して行くところ…佐渡島に架かる3航路のうち、最もマイナーな√ですかね。
 ちょっと乗ってみたい気もするけど、移動の足に苦慮しそう…。

02723.jpg
 最後は時間が無くなってしまい、結構まくりつつも何だか名所っぽい?灯台があったので寄り道。

02724.jpg
 姫埼灯台というらしい。施設としては結構貴重みたいだけど、その辺の歴史はよく知らないのであんまし分からんぽ。

 んで、両津の街まで戻り、2日目の宿にログインするのでありました…もー少し続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/242-4234c93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。