[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » R352枝折峠と奥只見紅葉見物の録
  4.  » 国(酷)道・県(険)道巡り録
  5.  » R352枝折峠と奥只見紅葉見物の録

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R352枝折峠と奥只見紅葉見物の録

02796.jpg
 もう2週間も前になってしまいましたが、新潟・福島県境は枝折峠を目指して走って来ましたが、折りしも紅葉が見頃で綺麗な景色を見れたので、適当に写真で見てみようの巻。
 オープニングは南越後観光バスの希少停留所から(何

02797.jpg
 肝心の枝折峠はクルマが一杯で、ちょっと停められる気配では無かったので福島県方面へさっさと進みましたが…

02798.jpg
 福島県境付近の紅葉具合がすんばらしくて若干感動してしまい。

02799.jpg

02800.jpg
 「山並みが燃えるように赤い様」というのはこういうのをいうんでしょうね…天候も良く、酷道攻めに来たことも忘れてぼんやり景色に見入る。

02801.jpg

02802.jpg
 あ、国道352号もなかなかの酷道具合で、それはそれで楽しいですよ? 紅葉シーズンで往来がむっちゃ多いのがちょっと難点だったけど。

02803.jpg
 石抱橋。

02804.jpg
 紅葉する山並みのむこう、越後駒ヶ岳までよく望めますた。

02805.jpg
 遠くに望むは奥只見湖。奥只見ダムの建設によって造成された人造湖ではあるが、歳月を経て自然に同化しつつある。
 時間が許すならば銀山平にも行ってみたかったんですが、行程の都合を勘案して今回は割愛。いずれ銀山平も訪問してみたいところ…。

02806.jpg
 オマケ:R352は洗い越しがいっぱい!

02807.jpg
 要は越路河川のことですが、橋を架ける金もないから、水量の少ない湧水は路上に水流を通してしまえ…という、至極大胆且つ合理的?な方式ですが、この辺の水系の関係もあってか、R352には洗い越しがいっぱいありまする。
 これがR352を酷道たらしめる要素の一つとも言えなくもないが…まあ、そんなところです。機会があればまた行きたいですね。

 以上、念願の?枝折峠よりお伝えしました~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/247-b39b1912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。