FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 小田急3000形防音カバー試験車製作録(その5)
  4.  » 鉄道模型雑記
  5.  » 小田急3000形防音カバー試験車製作録(その5)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田急3000形防音カバー試験車製作録(その5)

 小田急3263F防音カバー試験車、塗装の続きっ!

02859.jpg
 貫通路塗り忘れてたので、クレオスのセールカラー(だったっけ?手元にあったのを適当に吹いたから覚えてない…)を吹いてマスキング。

02860.jpg
 車体色は「今度は正直に!」とばかり、ガイアのライトステンレスシルバーを吹きつけ。

02861.jpg
 うん、今回はどうやら良くなったみたいだよ(´ω`)
 気持ち白に振って、もう少し明るい仕上がりでもよかったかな、とも思いましたが今回はこれで。

02862.jpg
 フロントマスク周りだけマスキングして。

02863.jpg
 ライトステンレスシルバーに白を加えた自家調色を吹きつけ。
 材質が違うのか分からないけど、見る角度によって銀の質感が違う気がしたんで…。

02864.jpg
 ようやっと、小田急のステンレス車っぽいイメージが浮かんできたね。青帯も結構いい感じ。

02865.jpg
 続いてドア周りを残してマスキングしていきます。まず、ドアの四隅の縁をマスクして…

02866.jpg
四辺をマスキング。結構かったるい…

02867.jpg
 あとは、ドアの淵を残すようにしてボディをマスクしていきます。

02868.jpg
 とか書くと易々作業しているように見受けられるのかもしれませんが、これやるだけで延べ10時間くらい費やしましたw 作業量半端ないっす…。

02869.jpg
 で、ドア枠をダークステンレスシルバーで吹付け。塗るのはあっという間なんですけどね。
 冬はクソ寒くて塗装するのも一苦労ではあるけど、夏場のように塗ったそばから塗料が乾いていく、みたいな現象は起こらないので、銀みたいにデリケートな色を吹くにはいい条件なのかもしれない…でも寒いの勘弁…

02870.jpg
 上から光沢クリアを吹き重ねて、屋根を残して車体の塗装はひと段落。

02871.jpg
 この、よーく見ないと分からない程度の色味の差というか、銀の深さ…

02872.jpg
 見る角度によって銀の質感が変わる、微妙なニュアンスを再現できたのはよかったのかな。ただ、塗装の手間が半端ではなく、その辺は課題かもしれないですね…。

【お詫び?】10月から連載しております、この小田急3263F防音カバー試験車、ひょんなことから“競作”ということで進めていたんですが…目標の年内完成、遠く及ばず…無念。足りないことを言い訳するつもりはなく、捻出しようと思えばまだまだ作業に充てられる時間はあった訳で…自分のツメの甘さに泣くばかり。
 ここまでの状態で年越しとなってしまいますが、なるべく早い時期に完成させたいとは思いますんで、今しばらく気長にお付き合い下さいまし~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/253-c01a107a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。