[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 常磐線浜吉田復旧状況+α
  4.  » 鉄道実車観察簿
  5.  » 常磐線浜吉田復旧状況+α

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常磐線浜吉田復旧状況+α

 来る3/16ダイヤ改正で、いろいろと小変化のある仙台地区のJR線ですが、常磐線の浜吉田-亘理間が復旧するそうで、ちょっと浜吉田駅の現況を見物。

02919.jpg
 常磐線は広野~原ノ町間及び、相馬~亘理間が原発・津波被害等の営業で普通の状態が続いていますが、このうち浜吉田-亘理間が営業運転を再開見込み。ルートは震災前と同じとなる(相馬-浜吉田間に関しては、内陸移設が予定されている)。

02920.jpg
 ひそやかに横断幕。
 一部区間の鉄道復旧となるものの、代行バスについては、現状の相馬~亘理間運行を踏襲する模様。浜吉田駅前のロータリースペースが手狭なことが大きな理由と思われるが…これに伴い、浜吉田-亘理間はしばらく、鉄道と代行バスが重複運行される区間となる(仙石線の松島海岸-高城町間と似たような状況)。
※運行ダイヤの詳細等については、JR東日本仙台支社に掲載されているんで、そちらも併せてご覧あれ。

02921.jpg
 今回は代行バス運行区間が変更となる訳でないためか、あんまり大々的な告知が無く…えーと、改札に掲げてある時刻表、震災当時のものがそのままになってるのね…。

02922.jpg
 当該区間の踏切については、既に復旧済み。どうやら2月末くらいから試運転が始まっているようで。

02923.jpg
 パッと見新線みたいなレール。

02924.jpg
 着実に復旧している姿は、ちょっと頼もしいものがあり…相馬~浜吉田間に関しては、内陸移転で復旧することが決まっているので、早い日の復旧を待ち望みたいところです。広野~原ノ町間に関しては、原発の状況を考えると、正直悲観的な状況としか言えないが…。


 閑話休題。
 ちょっと福島県は旧小高町区域(南相馬市小高区)、避難指示解除準備区域に行ってみたのですが。

02925.jpg
 居住制限の為、ひと気が全くないわけではないものの、閑と静まり返った町並み。

02926.jpg
 津波で流された車もそのまま。

02927.jpg
 津波で被災した家屋もそのまま。

02928.jpg
 津波で押し寄せられた車をはじめとする残骸が、殆どそのまま放置されているという…震災から2年も経っているというのに、ちょっと、この光景は想像を絶するところがありました…。

02929.jpg
 南相馬市小高区から、浪江町の境の付近に位置する「警戒区域へのゲート」。この先は今でも許可なしに立ち入ることは出来ず…。
 ちょっと国道巡りのついでに行ってみたのだけど、ここは震災・原発事故から、何ら時が動いていないような錯覚を覚えるところでした。
 原発の可否について、いまここで論議する気はないですが、しかし、こういう“動かざる現実”を目の当たりにするにつけ、東日本大震災の残した禍根は何を意味するのか、漠とながら考えてしまう今日この頃…。
 復興する一面もある一方で、何も変わらない現実も亦存在していることを、知っておかなければならないのかなと思う次第。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/259-17e47be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。