[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 京急新1000形6次車1073編成の巻
  4.  » 京急車鉄道模型混沌現場実情
  5.  » 京急新1000形6次車1073編成の巻

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急新1000形6次車1073編成の巻

02936.jpg
 コソコソと作っておりました京急新1000形、6次車は1073編成がロールアウトしましたんで簡単に紹介を。といっても、特筆すべき項目がまったくないくらい、無難な作りに留めてますが。。。

02937.jpg
 1073編成をチョイス…したのは、個人的に「ものすごぉーく因縁のある編成だから」という、極めて個人的な理由でw
 京急初のステンレス車体を採用した編成、ともあって登場時は鮮烈な印象を残しましたね。何せ、いままで製造されてきた新1000形とは別形式と称して問題ないくらいにガラリと姿も機軸も変わってしまっているのに、同形式で続き番号を採用してしまっているんだから(-_-;)

02938.jpg
 以前作った1477編成は落成直後のピッカピカな車体をイメージしてウェザリングは一切施しませんでしたが、今回は手堅く、適当に(
 パンタ周りの配管、最初は濃灰色なのにだんだん明灰色に変化してくるのは、どうも配管の材質の問題だそうで…今回は明るい灰色を差してメリハリを付けてみましたが、どんなもんでしょう?

02939.jpg
 床下機器は専用の金型で起こされているので、製品そのままでもあまり問題はありません。
 強いて言うと、M車の床下機器が動力/附随用と共用金型になっている都合上、薄っぺらで奥行きがないところは気になる。プラ材で肉厚を作ってやると、シルエットもがっしりしていいんじゃないかと思います。
 …クチで言うと容易いけど、結構面倒くさいんですよね、この作業…。

02940.jpg
 T車の一部はエアタンク・コンプレッサー箱が装備されていないので、適宜取っ払って対応。

02941.jpg
 コンプレッサー箱は実車も銀色っぽい色に塗られているので、塗り分けてやるとメリハリがついて楽しいですね。ウェザリングしてしまうとよく分からなかったりしますが(

02942.jpg
 我が家の銀色京急車大集合。いや、12両しか居ませんが…。
 欲を言えば6連、1327編成とか作ってみたいけど、そんなに京急ばっかり持っててどーすんの?と言われると、何とも返す言葉がなく…所有車両、既に200両はゆうに超えているという噂がありますが…真相は。

02945.jpg
 予てより念願だった1073編成を仕上げてみましたが、個人的にはとにかく何故か変な縁のある編成…。たまに帰省して、京急に乗る時「1073編成きたらどうしよ…」とか思ってると、だいたいコイツが来るんですよね。何故か。

02943.jpg
 閑話休題。今春はあまりに忙しく、花見している暇もなく。
 毎年行っている、白石川の一目千本桜も、夜桜をフラーっと観に行った程度で終わってしまいました…宮城北部はこれから満開、といった様相であるけど、この週末は長野方面に逃亡してしまうので観に行く暇もないなあ…。

02944.jpg
 長かった冬がようやく去り、東北にも遅い春がやってきたみたいです。
 願わくば、未だに景色の変わらぬ沿岸部に、原発避難区域に、少しでも春の一時の夢を届けてくれますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/261-8437be8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。