FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » GMのEVO103系をサラリと組んでみる(その2)
  4.  » 鉄道模型雑記
  5.  » GMのEVO103系をサラリと組んでみる(その2)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMのEVO103系をサラリと組んでみる(その2)

 生きているのか死んでいるのか。
 すんません、帰省したり原因不明の病原菌に侵されて寝込んだりしてました。いちおう生きてるみたいです。

03086.jpg
 EVO13系の続き。せめて…前面手スリくらいは植え換えよう、ということでテキトーに採寸して、穴開けて。
 素性がよいキットなので、別に素組でもいいんですけどね…。ちょっと手を付けてしまいたくなる性分はもう末期の病。

03087.jpg
 側面の戸袋窓、方向幕埋め、一度グレー吹いてキズチェックしてみると、結構処理が荒くて見れたものではなく。まあ、この辺は根競べみたいな作業ですね…平滑に仕上がるまで溶きパテ塗り込んで、ペーパー水研ぎ繰り返して平面を出す。

03088.jpg
 前面は手スリ植えのほか、通風口塞ぎ板の表現を適当にやっておく。ホントはこの辺のパーツも製品化されているみたいですが…ちょっと仙台で手に入れるのがしんどくて、プラ材でお茶を濁す方向で。t0.25のプラペーパー使ったけど、t0.14でよかったかも。

03089.jpg
 んで、塗装タイム。
 車体はまず内装の淡緑色から。個人的にはGM41の伊豆急ペールブルーが使いやすくてこれを愛用してます。
 屋根回りは濃灰を全面にベタ吹きしてから、明灰で明度を上げながらぼかし吹き。いわゆる「MAX塗り」だけど、この後更にウェザリングを掛けてしまうので、まあ、グレーベタ吹きでも大した差は出なかったりするのだけど(略

03090.jpg
 なかなか平滑に仕上がらず悶々としている図

03091.jpg
 内張り色の保護にマスキングテープを貼り込んで。
 最近この程度の作業を面倒くさがるようになってきたから、ちょっともう駄目なのかもしれないなーとぼんやり考えつつ。

03092.jpg
 青22号をサラリと。
 今回は「とにかく塗膜を薄く仕上げる」を目標に、いつもより塗料をシャブシャブに薄めて、極細吹きで薄い膜を重ねていくように心掛けてみたけど…仕上がりがちょっといまいち。薄吹きは結構イイ感じになったのだけど、表面がちょっと荒れてしまったね…外気の湿気を吸ってしまったようで。車体塗る時くらいその辺心掛けよーよ…と、再認識した次第でありまして。あ、青22号はFARBEの#008を使ってみました。仙リハの103系には、ちょっと鮮やか過ぎたかも? まあ、今回はこれでいいかと…。

 次回、ウェザリングと床下の加工で締める、積もり。このネタはあんまり引っ張る予定でないので…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/272-87417e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。