FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その1)
  4.  » 鉄道模型改造工作録
  5.  » 仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その1)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その1)

 別に“地元熱”に目覚めた訳ではないんですが…

03170.jpg
 いつだったか発売された、鉄道コレクションの「72系アコモ改善車」。まあ、一応地元の電車だしぃ…と、テキトーにストックしといたもんなんですが。先日ロールアウトさせた103系初期車と並べられるような車両も欲しいかな…と、ちょっとコイツをがつがつ改造してみようの巻。

 実車については各所で解説がありますから適当に見てもらうことにして、まあ、要するに、「72系の足回りを流用して、103系高運車並みの新製車体を被せて、なんか新車っぽい電車作っちゃおう!」という(意訳し過ぎ…)、当時の国鉄が如何におカネ無かったかよく分かる車両です。
 最近でいうところの107系とか京成3400形のような車両ですが、技術試作の要素もあったり、走り装置が72系のまんまで性能的にはかなり残念、お世辞にもマトモな車両とはいえそうになかったみたいですが…。ま、さして高性能を必要とされない、当時の仙石線ではこれくらいの車両で充分だった…という穿った見方も出来そうですが。
 しかしまあ代々お古ばっかり回ってくる仙石線の構図を体現したかのような車両形式と言えなくもなく。いいんです、2年後に何十年振りか分からない新車が入るハズ…。

03171.jpg
 話が逸れたけど、まあそういうゲテモノ車両を何とかしてみましょう、と。
 とりあえずバラす。買ってきた完成品はまずバラすのが基本。え、ちがうの?

03172.jpg
 鉄コレにしてはまーまー出来は宜しいんじゃないかと思う。価格的見地から則ってみれば。
 塗装も云うほどボッテリ…という感じではなかったけど、さすがにそのまま上塗りは出来ないので後ほど剥がします。
 で、モチベーション維持のため?今回は床下工作から。

03173.jpg
 ネット時代万々歳、ちょっと漁れば何だかんだでこんな形式でも当時の形式写真などわらわら出て来るもので、適当な資料をもとに機器の並べ替えを。
 付属の床下パーツも使えないことは無いんだけど、最大公約数的なものなので無いものはストックの部品から漁りまわしてなんとかする。そろそろ、床下パーツのデッドストックがとんでもないことになっていて、一つお望みの部品を探し当てるだけで一苦労だったり…だから床下作業が嫌になってくるのかな?

03174.jpg
 でまあ、資料と睨めっこしながら、だいたい合ってるかな~? という程度に。
 余談だけど、GMのパーツ等、ベース部を切除したい時などには、タミヤのエッチングソーが非常に有用なのでお試しあれ。刃の厚みが極薄で切断ロスが極めて小さいことに加え、キレ味もなかなかバカに出来ないところがあって、慣れて来ると結構病みつきになりまする。

03175.jpg
 モハの抵抗器はグレーに塗り分けるので後付けとするが、だいたい実車に近い配置になったかなと。
 尤も、床下なんて塗ってしまえば黒一色だし、其処まで血眼になって並べ替える意義は?とか聞かれると困るんですが、まあこういう作業はパズル的にこんな感じかな~とやっていく過程がそれなりに楽しかったりする訳で、云ってしまえば自己満足の領域であってw
 目立つところでは無いけれど、製品そのままで誤魔化してしまうよりはいいのかなーと思う次第。

03176.jpg
 更に今回は、床下配管ってこんな感じかな~…と、見よう見まねで手を出してしまう体たらくで。
 さすがに、ここまでやる必要は「?」のような気もするけど、きっと床下をチラッと覗いた時にさりげなく見える配管のシルエットがカッコよくてたまらないに違いない…っ! とかいう意味不明の概念に気押されつつ(ナニソレ)、試しにやってみた次第で。
 この辺は色を塗った時にどう仕上がるか。一つ今回の試験要素ってことで…。

 次回は車体回りの工作をば。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/277-af70561c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。