[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その2)
  4.  » 鉄道模型改造工作録
  5.  » 仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その2)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙石線「103系もどき」な72系アコモ改善車(その2)

03203.jpg
 仙リハ72系アコモ改善車、続き。床下がひと段落したところで車体工作へ。
 車体はIPAに漬け込んで塗膜を剥離します。久し振りに磯風呂張ったら、臭いにクラクラした…

03204.jpg
 スッピンになりました~…って整形色水色かいw
 ここから色々捏ねまわして、鉄コレの“軽さ”を消していく努力をします。今回はこの後、ずぶずぶ泥沼にはまっていきますが…

03205.jpg
 配管はモールドが気に入らないので線材で引き直すこととして。
 まず、不要なパンタ用の孔を埋める。避雷器もサードパーティのパーツに交換するので、これも一旦埋め埋め。

03206.jpg
 んで、モールドを全て削り取り、粗目から細かい目のペーパーで平滑に仕上げ。
 配管台座は最近使いやすくて愛用している、エバーグリーンの0.25t,0.5のプラ材を細切れに切り出したものを、流し込み溶剤で溶着。

03207.jpg
 妻面も同じ要領で。
 接着にはクレオスのMr.セメントSが便利で瀕用しているけど、完全固着まで暫く時間を置いた方がよさげなんです?

03208.jpg
 んで、パイピング作業。例によって大っ嫌いです…苦手意識が先行して、毎度時間ばっかり食って仕上がりがなーんか納得いかないのだよな。精進しまーす。
 作用管の0.2線材をキレイに配するのが地獄…。

03209.jpg
 パンタ台座は富士川車輛工業の台座を、避雷器は銀河の旧国用+避雷器カバー。
 パンタ鉤外し線はあんまり目立たないし、技量不足でこれ以上弄ると見難くなる…と判断してやりません。扇風機カバーのボルト?モールドはペーパー掛けの際に持ってかれてしまったので、0.2の線材を植え込んで再生。

 もう1両同じ作業やらんとならんそうです…激鬱

03210.jpg
 余談:3連休に帰省してきた際、隙を見てアキバに寄ってパーツ散財。当座の欲しいパーツ類は手に入ったので、暫く工作に没頭できそうです。これからの敵は、むしろ「寒さ」ですかね…寒いの大嫌い!

 多分まだまだ続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/279-03334081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。