[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 続・東武電車鋼製車体観察の録【補遺】
  4.  » 鉄道実車観察簿
  5.  » 続・東武電車鋼製車体観察の録【補遺】

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・東武電車鋼製車体観察の録【補遺】

03227.jpg
 以前、サクッとこの辺の記事で東武亀戸線の8000系2R観察簿を書いておりましたが、主にパンタ周りの資料が欲しくて野田線をフラフラ、撮り回って来ましたのでその辺をば。

03228.jpg
 今回のお題はズバリ「パンタ周りの配管観察」、及び先頭車回りの微細の見物。
 例によって、超個人的・超主観による資料ですんであんま役に立たないというか、個人的な備忘録ですがまあ、案外ネット上に屋根上の資料が落ちてない気がするので参考にでもなれば。

03229.jpg
 まずは伊勢崎寄り、1位側のパンタ配管回り。パンタ強制上昇装置がアクセント。これ、案外模型でどうやって再現しようか悩むところ…こないだ作った8565Fでは省略してしまったけど…。

03230.jpg
 パンタグラフ周りの俯瞰。パンタ台座下に潜り込む配管、大仰なパンタ鉤外し線が目に付く。この鉤外し線もどうやって再現したものか悩みどころ…いっそ省略してしまいたいけど、結構目立つんですよね。未だ良い策が思い浮かばず。どっかで支点になるリンクだけでも作ってくれませんかねぇ(完全放任

03231.jpg
 避雷器は製造年次で差異あり。この円筒形のタイプは後期更新グループのもの。

03232.jpg
 妻配管。伊勢崎/浅草寄り共、海側に母管のゴッツいケーブルが下りてくる。

03233.jpg

03234.jpg
 端面の処理。車体下部に埋め込まれてるんだよな…前回は面倒で省略したポイント。次作は…どないしましょ。

03235.jpg
 山側の妻配管。アース線の細い管が下りてくる。

03236.jpg

03237.jpg
 次に浅草寄りの2位側パンタ配管を見てみる。浅草寄りにパンタグラフが設置されているのはモハ8200形のダブルパンタ車に限られる。

03238.jpg
 基本的には伊勢崎寄りの配管配置を線対称にしたような感じ。パンタ鉤外しを始め、面倒そうな配管は変わりなく…。

03239.jpg
 妻配管。浅草寄り海側。

03240.jpg
 浅草寄り山側、1位側をひっくり返したような配列。

03241.jpg
 アース線の端部処理。母管みたいに複雑な線を描いている訳ではないのが、作業する人間への良心(?)

03242.jpg
 ついでにフロントマスク回りと床回りの見物。中期更新車の平板な表情。

03243.jpg
 ケーブル類がゴッツくて個人的に好きですねこういうの。

03244.jpg
 ATS車上子は正面から見て右にオフセットした位置に付く。

03245.jpg
 エアホース。束ねて鎖で固定されている。

03246.jpg
 後期更新車の表情。フルメニューで更新が施された、最終更新グループでHIDのヘッドライトが厳つい。

03247.jpg
 乗務員扉、正面右寄りは客扉より高い位置になってる。運転台構造の関係だっけか。

03248.jpg
 正面左寄りは客扉と同じレベルに設けられている。

03249.jpg
 正面でちょっと迷う塗り分けの状況。
 これだけ資料掻き集めて、そろそろ8000系もがっつり作りたいんですけどね。気力ががが

03250.jpg
 ところで;野田線に行ったら見慣れない電車がいっぱいいるんですけど

03251.jpg
 東武野田線と言えば旧来より「お下がり電車の掃き溜め」みたいなイメージなんですが(事実そうだったのだけど)、最近になってステンレス車がなだれ込んできたり、挙げ句は正真正銘の新製車両が投入されたり、なんか革変が起きてて若干浦島太郎気分。

03252.jpg
 こんな光景、ちょっと前の東武じゃ有り得なかったよねェ…?
 
 という訳で、8000系の資料のようなものでした。これから年末に掛けて仕事が押してきそうで、余り作業時間を取れなさそうな予感…まあ、まったりやっていきましょ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/282-2be6d3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。