FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » ちょっと高知に走る新幹線見てきた(その3)
  4.  » 旅行録
  5.  » ちょっと高知に走る新幹線見てきた(その3)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと高知に走る新幹線見てきた(その3)

03451.jpg
 だらだら続く四国旅行の録。
 明けて2日目、5/24(土)…中村からスタートでござい。朝からすがすがしい天気! 思わず車止めて水鏡反射が素晴らしい水田に眺め呆けるなど。

03452.jpg
 さて、この日は予土線沿線をぐるぐるしながら、行き交う列車群を撮りまくりながら、四万十川の清流に触れつつ楽しもう…という、一見素晴らしげに何も考えていないことが垣間見えるプランですが、いきなり寄り道。
 高知県の道路マップと睨めっこしてたら、旧中村市からR439を15kmほど北上した先に、高知r380という険道県道が分岐している。これを進むと高知r332にぶつかり、堂が森の山裾で峠を越え、土佐昭和に至れる…ハズ。
 「モノは試し」じゃないけど、気になる道には突っ込んでみるのが“酷道ヲタ”の鉄則である。

03453.jpg
 うん、なんか、楽しい道…ですね…?

03454.jpg
 道幅狭過ぎワロチ
 幅1.2車線確保されてるか?ってレベル。路面はかなり荒れてるし、対向車なんて来ようものなら阿鼻叫喚の騒ぎです。これ撮ったあたりは集落限界過ぎてて、さすがにこの辺で対向車にまみえることはなかったが。

03455.jpg
 こんな楽しい道を延々30分くらい走ってようやっとr332に合流。今日はお休み、竹屋敷簡易郵便局がある古尾という集落を経て、堂が森の分水嶺を越えていきまする。
 r332はさすがに多少の往来はあるせいか、思った程酷い道ではなく。距離の割には結構な時間を掛けて、R381に合流。

03456.jpg
 さて、ここからしばし予土線の撮影に興じることに。
 まずはR381を宇和島方に走り、四万十トンネルを抜けた先、半家橋という立派な橋梁上から、四万十川沿いを行く列車を狙ってみる。
 お目当ての“0系新幹線”がやってきましては。

03457.jpg
 半家沈下橋と絡めて、後追いで。
 どうでもいいけど「はげちんかばし」って卑猥な響きがしたりしません?

03458.jpg
 宇和島方へちょっと移動して、今度は「海洋堂ホビートレイン」を待つ。
 どうでもいいけどこういう景色、ほのぼのしてて何か和みますよね。ね?

03459.jpg
 トラス鉄橋を渡る鈍行。順光の撮影条件探せばよかった…

 こっから江川崎を通り越し、西ヶ方まで行ってみる。

03460.jpg
 臨時列車の〈しまんトロッコ〉。良い場所がなくて、結局オーソドックスな構図で…。

03461.jpg
 コイツは足が遅いうえに、江川崎でのんびり長時間停車したりして車で追跡しやすいので、先回りして何箇所か狙ってみようと思い。
 半家まで戻り、川平橋から旧道に入って絵になりそうな場所探し。

03462.jpg
 なんか至福の光景、じゃないですかね?

03463.jpg
 山並みを大きくとりつつ、ガーター橋を渡るトロッコを。
 黄色いから被写体としては目立って都合がいいですね。

03464.jpg
 更に先回りして、土佐昭和~土佐大正間の有名な「屋敷峠」のポイントで、沈下橋と絡めつつ。

 だいたい戦果に満足しながら、オヒルーってことで道の駅四万十大正へ。

03465.jpg
 こじんまりとした道の駅だけど、いちおう食事処はあり、「うなぎの石焼き混ぜご飯」とかいうメニューがあったので、これを頂くことに。結構美味かったおん。

03466.jpg
 で、一服したところで…ちょっと時間があるので、“酷道巡り”と洒落込む(?)ことに。R439は3年前に制覇しているのだけど、杓子峠は前回夕暮れ時で記憶が怪しいので、この機会に再度通っておこうかと。

03467.jpg
 「King of 酷道」「日本三大酷道」などと謳われるに相応しい、なかなかの貫禄が垣間見える。

03468.jpg
自治体「安全に通行できるように整備していま…」
運転手「どこが安全な道やねん」

03469.jpg
 傾いた国道標識、荒れた路面。

03470.jpg
 傾いた(ry
 いやはや、走ってて飽きないです。え、その感覚おかしい?

03471.jpg
 R439は杓子峠を下ったら、住次郎という集落から分岐している高知r367という県道に入る。
 なんかもう、入口から楽しそうな気配いっぱい(そんなに走り辛い道でも無かったけど)

03472.jpg
 海洋堂ホビー館とかいうのがあったけど、スルー。

03473.jpg
 高知r55経由で打井川に出て、R381へ。ちょっと時間があったので、土佐大正の駅に寄り道。

03474.jpg
 北幡観光自動車という地元の運送業者(バス会社?)の委託業務になっている模様。
 コミュニティ路線に毛の生えたような路線バスが細々生きているけど、各所に並ぶ「廃止」の文字が痛々しい。
 日本有数の過疎地域、当然の如く助成金漬けで生き永らえているのであろうけど、実態はかなり厳しいんだろうな。

03475.jpg
 さて、最後の撮影。まずはキハ32の「フツーの」鈍行を捉える。
 構図失敗した感。

03476.jpg
 季節感、少しは出た?

03477.jpg
 〆は屋敷峠、「新幹線」を収めて締めくくろうと。

03409.jpg
 ここはホントに良い景色。
 清流と沈下橋、なんちゃって新幹線のコントラスト…になったかな。

03478.jpg
 これで撮影はお終い。1日予土線の風光明媚な区間を右往左往して、まーまー満足。

 ここから車をかっ飛ばし、R381から旧窪川町でR56に入り、更に四万十町中央ICから高知道に入って、延々高知市内へ。1時間半ほどで市内に入ってレンタカー返却、路面電車に揺られて宿にログイン。
 この日は高知市内の「とある鰹たたきが旨い店」に行き、塩たたきを賞味したのでありました。高知来たら、一度はこれ食べないと気が済まない…。
 酔っぱらってイイ感じになり、この日はお終いー。

 あとは蛇足記事になりますが…もうちょっとだけ続きますm(__)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/300-fdc7203e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。