[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 京成3150形更新車末期姿の製作記(その1)
  4.  » 鉄道模型改造工作録
  5.  » 京成3150形更新車末期姿の製作記(その1)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成3150形更新車末期姿の製作記(その1)

03510.jpg
 ひょんなことから「京成ネタ作れ」と云うことになりまして。
 散々悩んだ挙句、選んだのはGMより発売の京成3150形更新車。フロントマスクの印象把握が秀逸な、そのまんまでも割合通用する完成品ですが、これを部分的に加工して“それっぽく”仕上げて行こうかと。
 タイムリミットは11月中旬…さて、どうなるか( ´・ω・)∩

03511.jpg
 コイツのウィークポイントは、誰がなんと言おうとも床下機器。
 雑なパーツ流用があんまりに目に付くので、どうにかしたいところであるが…特徴的な抵抗器は、形状がズバリのものが無く如何ともし難い。
 最大公約数的な考えになるが…蟻の京成3300形用の部品がまーまー似ている、ような、気がした()のでこれをコピーして使うことに。

03512.jpg
 一体モールド品なので、薄刃のエッチングソーで切り出して…

03513.jpg
お手軽におゆまるコピー。
 何度もやってると何となく分かってくるが、この技法で余り複雑なモールドをコピーするのは、かなりハードルが高くちょっと厳しいものがある。その点、床下機器みたいな「ちょっとグレーとか黒に染めてしまってウェザリングの茶系をまぶしたら大して目立たない」箇所には、潰しが利くからまだよかろうものである(`・ω・´)

 以下、機器配列の簡単なレビュー。

03514.jpg
 M1系、海側。抵抗器が目立つ。製品そのまんまよりはいいかと。

03515.jpg
 同山側。断流器があんまり流用出来るパーツがなくて、これも京成3300の床下から拝借してきた部品をコピーして貼り付け(そんな“コピー&ペースト”のように簡単には行かないんだけど…w)。その他ハコ類は付属パーツ、その他から適宜流用。

03516.jpg
 M2系、海側。空気圧縮機はGMの汎用床下より、それ以外は添付パーツの並べ替え。

03517.jpg
 同山側。小型の箱が並んでいる程度で、あまり見た目に目立つ機器はない。これも、だいたい付属パーツの並べ替えでなんとかなる範疇。余談ながら、先頭/中間であまり機器配列に差異は無いように見受けられたので、今回は共通の並びとしてしまいました。この辺は最大公約数的に、妥協するところは妥協…というスタンスで。

03518.jpg
 そんなこんなでしこしこ床下の加工をやって来たのだけど、やはりと言うかなんというか結構時間を食ってて焦る。
 さあ、期限に完成を見ることは出来るのか…? 乞うご期待!(しないでください(´Д⊂)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/304-7f40d164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。