[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 遠くなる、あの日へ
  4.  » 四方山話
  5.  » 遠くなる、あの日へ

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くなる、あの日へ

 答えなどない。最善の選択なるものもない。
 そんなものがあれば、生きることに誰も苦労はしない。
夏川草介「神様のカルテ3」より 


 震災から4年。

 「はやいもので…」
 「まだ、こないだのことのよう…」


 あっという間のような気もするけれど。
 まだ、つい先日のことのようにも思えて。

 忘れゆく事も、どうしてもあるけれど。
 あの日のことは、未だ鮮明に思い浮かんで。


 津波が押し寄せるまでの僅かな間にみた、
 閖上での“非日常の空気”は、

 いまでもくっきりと心に刻まれているし、
 たぶん死ぬまで、忘れられないだろうけど。

 ふとした衝動で逃げ遂せた僕は何事も無かったけれど、
 あの地で何百という無念が散ったと聞き及んで、
 運命の悪戯を呪って。


 自然災害とは、宿命という名の因果なのかもしれないけれど。
 この国に生きていく限り、避けて通れない途でもあるんだろうから。

 だから、
 せめて歴史の惨禍を忘れないようにして、
 あの日、あの場を生きた者として。

 大それた気負いでもなんでもなく、
 ただ、その事実を、
 糧として伝えていきたいと思うのです。

03651.jpg

※※


  東日本大震災で亡くなられた方、被害に遭われた方に、心よりお悔みを申しあげますと共に、亡くなられた方へ御冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/312-63ea4237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。