FC2ブログ

[ここのせつめい。]

模型製作や旅行の備忘録から、日々の取るに足らない些末まで、何の脈絡もなく扱ってます。いちおう、メインは鉄道模型と国道巡り。

主に模型製作の記録やら、旅行の記録やらを扱っていますが、たまによく分かんない記事が挟まれることがございます(

  1. 沢渡暴走機構 業務簿
  2.  » スポンサー広告
  3.  » KATO205系で横浜線を何とかしてみる(その1)
  4.  » 鉄道模型改造工作録
  5.  » KATO205系で横浜線を何とかしてみる(その1)

[お知らせ。]

 いつの間にか秋も深まってきていろいろ辛い。

 なんやかんやで通年仕事が忙しいの、何とかなりませんかね><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KATO205系で横浜線を何とかしてみる(その1)

03652.jpg
 例によって放置プレイ…常日頃閲覧下さってる皆々様に申し訳なく。それなりに忙しくて暫し模型も手が付かなかったけど…余暇を見つけてはチマチマと作業はしているので、そろそろ何か仕上げに持っていきたいな~とは思うこの頃。

 …思いつつ、また新しくネタに手を出している訳ですがw
 去年まで横浜線を縦横無尽に走り回っていた205系H編成、いろいろ思い入れもある電車なので、引退を機に? それなりに気合い入れて作ってみよー、という次第。ただ、KATOの205系、設計が古いのもあってかなり大味な部分が多く…「どこまで作るか」よりも「どの辺で妥協するか」が課題になりそうな予感。

03653.jpg
 Twitterにはたまに画像上げてましたが、実は結構前からしこしこと作ってまして、床下の泥沼にハマってまして。
 当初は全然機器配列の違う、クハとサハだけ料理しようか…くらいに思ってたら、モハも211系流用ゆえにあんまり似てないことが分かってきて、もう完全にやられましたね。昔のKATO製品は床下なんて全部テキトーくらいの勢いだったみたいですが、あんまKATO製品は持ってなかったのでその辺事前知識があまり無かったり…。

03654.jpg
 元モールドの機器はあんまり使えるものがなく、基本的にはザックザック全部削り取って、プレーンにしたところから機器を配列していく羽目になりました。精神的にきましたわこれは。

03655.jpg
 資料と睨めっこしながら、機器の部品選定と配列の検討。基本的にGMの各ランナーから探してきたのだけど、GMはベースが付いてるので、ベース撤去→高さ調整の作業が各機器で必要で、ホント機器箱とか見るのも嫌になってきましたね。

03656.jpg
 205系列の特徴とも云える電動発電機、GMランナーのがそのまま使える…のだけど立体感がアレだったのでちょっと作り込んだり。こんなことをやっているから完成が遠退くのである。線路置いちゃえばここまで見えないのにね…

03657.jpg
 「無駄な苦労」と努力が水泡に帰すのも虚しいので、各形式床下の概説などをば。
 まずはモハ205山側。向かって中央~右側の主制御箱、励磁機器箱はそのまま使えそうだったのでモールドを生かし、断流器やら母線ヒューズ箱なんかをGM103系用から拝借。

03658.jpg
 モハ205海側。主抵抗器はじめ、全然似てなかったので徹底的に交換。これで俄然、205系っぽくなる!(言い過ぎ?)

03659.jpg
 モハ204山側。前述の電動発電機始め、電動電圧調整器箱、電動発電機起動/遮断器箱、元空気ダメ…全部とっ替え。

03660.jpg
 モハ204海側。電動発電機、フィルタ装置、補助抵抗器、空気圧縮機…と、モハ205海側に引けを取らぬ、華やかなりし印象の目立つ機器が多い。GMの国電用ランナーが結構重宝するのだけど、元の配列も滅茶苦茶でよく分からないところが。GMのパーツも最大公約数的にブレンドしてるんかね? 除湿装置はズバリ使えるパーツが手元になく、それっぽくお茶を濁しました。

03661.jpg
 クハ205山側。クハもサハも全部機器配置が一緒!とか言うナメた構成だったので、徹底的にやり直し。目立つのはATC機器箱くらい。

03662.jpg
 クハ205海側。ATS-P機器箱とかブレーキ機器箱くらいしか目立つ箱がなく、大人しめのシルエット。裏側のATC機器箱が目立つ。

03663.jpg
 クハ204山側。元空気ダメとか高圧ヒューズみたいな細かいハコが多くて地味に難儀。
 余談だけど、元空気ダメのエアタンクは阪神2000系用の分売部品が非常に重宝しました。案外、エアタンクって使える部品が出てないのよね。

03664.jpg
 クハ204海側。ATC機器箱、クハ205と取付位置が違うのが紛らわしいというか…。ATS車上子は塗装直前に取り付けるつもり。

03665.jpg
 サハ205山側。編成中で一番スッカスカの車両。

03666.jpg
 サハ205海側。ブレーキ検出機器とか滑走検知とか最低限の機器しか積んでなくて、この辺に「国鉄末期設計」を感じる。

03667.jpg
 サハ204山側。車体は気にせず…

03668.jpg
 サハ204海側。積んでる機器はサハ205とどっこいですが、台車脇に枕木方向のエアタンクが見受けられるので、これは後ほど追加してみようかと。

03669.jpg
 モハ204、元モールドと比較…正直、「ここまでやるか?」の領域だけど、まあ、自己満足だし…

03670.jpg
 色塗っちゃえば大して目立たないのにね。なまじ中途半端に資料だけは揃う御時世になってしまったので、ついつい余計なところまで手を掛けがちなのは、果たしていいことなのか…。
 床下から物凄い泥沼にハマったけど、車体関係も面倒な作業が目白押しで、果たしてちゃんと完成まで持っていけるのか、甚だ不安ではあるけどのんびりやっつけていきますかねぇ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://sawatr.blog41.fc2.com/tb.php/313-7c9ced81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。